動画でライフログをとってみる「QueuingCam」

よく耳にしますねライフログ。

僕も写真を撮ってEvernoteに保存したり、アナログではなかなか難しかった日記もデジタル環境で日々続けています。そんなライフログ生活に使えそうなアプリが登場しました。

動画でライフログ「QueuingCam」

試しに4カット撮影してみました。

ご覧のように1秒カットの動画が追記されていくアプリで、エクスポートすることで1つの動画とすることができます。

1日の出来事を1秒の動画で綴っていくことで、写真では表現できなかった新しいライフログが作れるのでは?と思います。

お休みの1日を1つの動画としたり、何かテーマを元に動画にしてみたりいろいろな使い方ができそうですね。

ちなみに僕は子供を1ヶ月撮影してみようかな〜とか考えています。まあ30秒ぐらいですけど(^^ゞ

操作方法(ホーム画面)

操作方法はとてもシンプルで簡単です。

① 撮影画面を表示します

② 撮影した動画を再生します

③ フルスクリーンで再生する場合は「ON」

④ アプリを起動してすぐに撮影画面を表示するには「ON」

⑤ 撮影した動画をアルバムへエクスポート

⑥ 最後に撮影した1カットをUndo(削除)

⑦ 撮影した動画を削除(カウントが000になります)

⑧ 撮影したカット数

操作方法(撮影画面)

① 録画ボタン

② インカメラ、アウトカメラ切り替え(カット数が「000」の時のみ切り替え可能で、撮影途中では切り替えできません)

③ ホーム画面に戻ります

操作方法については注意点があって、ホーム画面の⑤と⑥のボタンの配置が近いため動画をエクスポートしようとしたときに間違って⑥のUndoボタンを押してしまうことがあります。僕は何度も間違えて1カット削除してしまいました(T_T)(T_T)

さいごに

シンプルで操作も簡単な動画アプリで、人それぞれ面白い使い方ができそうですね。撮影のコツとして、撮影画面に切り替えた後にオートフォーカスが作動しますので、フォーカスが定まった後に撮影ボタンを押すのがいいと思います。そうしないとオートフォーカス動作が動画に入ってしまいます(^_^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました