【土屋鞄 トーンオイルヌメショルダー】革のカバンに白いシミができてしまった場合の原因と解決法

けっこう以前からなのですが、土屋鞄のトーンオイルヌメショルダーに白い染みのようなものが発生していました。

普通にこすっても消えないため、結局そのままになっていました。。





よく分からない白いシミ

過去のブログを振り返ると2013年に購入しているトーンオイルヌメショルダーですが、普段あまり使う頻度も高くなく、たまにメンテナンスをする感じで使っていました。

ちなみに、メンテナンスを行う際には、いつも「シュプリームクリームデラックス」を使っていました。お値段も高いですが、これで磨くといい艶が出てとてもおすすめです!

[コロニル] 栄養クリーム 1909 シュプリームクリームデラックス 100ml CN044010 メンズ

 

すると、革の表面にこのような白いシミのようなものが。。。!!(光が反射して見えづらくすみません)

赤枠のところが白くなってしまっています。。

 

 

しかし、こすっても消えず。。2年ほどそのままの状態でした。

そうして月日が流れ。。。またメンテナンスを行なうと、あれ?また白いの増えてる!!ということで、これはなんとか解決しなくては!ということで、土屋鞄さんへ問い合わせしてみました。

土屋鞄さんからの回答

土屋鞄さんから早速回答を頂きましたm(_ _)m

さて、ご愛用いただいております、【トーンオイルヌメ ショルダー】の、シボの筋の部分が白くなる箇所があるという事で、メンテナンスについてのお問い合わせを、メールにて拝見しました。

今回、お問い合わせをいただきました【白くなっている】という状態につきましては、2つの可能性が考えられます。

1つ目は、湿気が多く、風通しの悪い場所へ、長期間保管していただいていたという場合には、カビの可能性が考えられます。
カビの場合には、ブラシを掛けていただく事で、取り除く事ができる場合もありますが、根を張っている場合には、再度発生する可能性もございます。

2つ目は、メンテナンスのオイルが、革の内部に入り切らず、温度差等で表面に出てきて、白くなっているという状態でございます。
今回のお問い合わせを拝見した限りでは、こちらの可能性が高いかと存じます。
同じ様なお問い合わせをいただく機会が、比較的多くございます。

こちらは、白い部分を、手等で少し温めて、柔らかくして、柔らかな布又は、ブラシで取り除く方法がございます。
温度を少しかけていただく事で、オイルが、柔らかくなり、取り除きやすくなるかと存じますので、お試しくださいませ。

なるほど!メンテナンスのオイルが革の内部に入り切らず、温度差で表面に出てきて白くなっている!かもしれない!

ということで、早速試してみました!

 

温めてこすってみた

土屋鞄さんからは手で温めてとご連絡頂いてましたが、 今までの対応で手の温度ぐらいでは取れないだろうということで、今回は「ドライヤー」で温めてみました!(革にドライヤーは革を痛める可能性が高いので自己責任でお願いしますm(_ _)m)

用意したのはこちら

 

普通のドライヤーと、靴用ブラシ。

やり方としてはドライヤーで温めつつ、ブラシでこする!これだけです。

結果、作業前後の写真です。赤枠の箇所の変化がわかりますでしょうか?

■作業前

■作業後

これまではこすっても全然消えなかった白いシミが完全ではありませんが、薄くなってます!!

やはりメンテナンスオイルが白く表面に現れていたようですね。。自分のメンテナンス方法が悪いのか?オイルが古くなってしまったのかは分かりませんが。。。

とりあえず、原因と対処方法が分かってよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました