ほどけない靴ひもの結び方「イアン結び」で毎日のめんどくさいを解消!

普段履いているワークブーツ系の革靴の靴ひもを新しいものに取り替えたんですが、この靴ひもがほどけるほどける。。。。駅まで歩いていく度にほどけ、帰りもほどけ。今の時期、手袋なんかしてるもんだから、ほんとめんどくさいなーと思っていたんですが、この「イアン結び」で解決しましたよ!





ほどけない靴ひもの結び方「イアン結び」

動画でよく分からない〜って方は▼の画像をどうぞ。

ステップ1

IanKnot1A

ステップ2

IanKnot2A

ステップ3

IanKnot3A

ステップ4

IanKnot4A

ステップ5

IanKnot5A

ステップ6

IanKnot6A

この結び方、最初難しいかな〜と思ったんですが、試してみると結構簡単!なんです。で、本当に解けないんです。自分の履いている革靴の場合には、結び方が甘いと緩んではくることはあるものの、普通の蝶々結びの時のように完璧に解けてしまうことがなくなりました。ランニングシューズやスニーカーのような柔らかい靴ひもは、それほど頻繁に解けることはないような気がしますが、革靴やワークブーツなどの固めの靴ひもの場合には解けてしまうことがよくあると思うので、この「イアン結び」はとってもお勧めだと思います。ちなみに、ほどく時は普通に片一方のひもを引っ張れば、簡単にほどけます。

これから靴ひもの結び方を学ぶ子ども達には、是非この結び方を教えてあげよう!っと思います。

追記<2013.09.29>

ほどけない以上に完璧な結ばない靴ひも「キャタピラン」で靴ひもの弱点を解消!という記事を書きました。靴ひもめんどくさいよーって方はご覧ください。こちらはマラソンなどのスポーツシューズ向にぴったりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました