Adobe After Effects(Adobe CC)を解約しようとしたら解約手数料と言われたので、解約手数料を“0円”で解約する裏技をご紹介

久しぶりに編集の依頼を頂いたので、Adobe After Effects を使って映像編集してみました。

ところが、編集作業も終わり、After Effects のサブスクリプションを解約しようとしたところ、解約手数料なるものが現れたので、なんとか解約手数料を0円にする方法を探してみました。





Adobe After Effectsを解約しようとしたら解約手数料を請求される

さぁ〜映像編集も終わり、納品的なものも終わったので、After Effectsは解約しよっと!としたところ、うん?(・_・)

えっ(@_@)。。。。

えーーーーー!!!解約手数料ってなに???( ゚д゚ )

いや〜まじで焦りますよAdobeさん。。。2,3年前も一時的にAfter Effects使って解約しましたが、こんな制度はなかったような。。。久しぶりに使ったので変わったんですかね。。。。。(;´∀`)

まあ確かに年間契約とはなってますが、解約手数料って。。。携帯かよ(-_-メ)と文句も言いたくなるような制度ですねAdobeさん。

自分のように一時的に利用したいユーザーもいるんですよAdobeさん。そういうユーザーには月単位で使わせてくださいよAdobeさん。

解約手数料がかからない方法

ということで、なんとか解約手数料を回避する方法です。

以下の方法で、2021年3月時点では解約手数料を支払わずに解約できます。

① プランを変更する

まずは、今まで利用していたプランを変更します。

自分の場合には、After Effects単体のプランを利用していたので、他のプランに変更します。

ということで、上記のように「プランを変更」をクリック。

すると、変更可能なプランが表示されます。

今回の場合、「Creative Cloud コンプリートプラン」と「Premiere Proプラン」のいずれかに変更可能。安い方の「Premiere Proプラン」の「このプランを選択」をクリックします。

選択したプランの確認画面が出てきます。


下の方に「確定する」というボタンがあるので、こちらをクリック。

② 変更したプランを解約する

他のプランに変更後、10分ほど待つと変更したプランを解約できるようになります。

解約できるようになったら「プランを解約」をクリック。

最初のプラン解約のときのように解約する影響が表示されます。

しかし、最初の解約のときと違い、解約手数料は表示されていません。

進んでいくと、

特典が表示されますが、そのままスルー。

そして確認画面が表示されるので、内容を確認。念のため、解約手数料の文字がないことを確認。

確認をしたら、画面の下にある「解約する」をクリック。

はい。以上で、解約手数料を支払わずに解約することができました。

ああ。。。よかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました