【Final Cut Pro】プロキシが見つかりませんとエラーが出た場合の対処方法

ようやく最近になり、4Kで動画を撮影し始めました。

Final Cut Pro で編集する際、これまでのフルHDでは出なかったプレビューが「カクカク」してしまうという事象が発生しました。

ということで、このカクカク事象を解消するため以下対応してみました。





プレビュー画面が「カクカク」する

これまではデータ量も大きくなるため、フルHDで撮影し、Final Cut Pro で編集していました。

しかし、4Kで撮影した素材を Final Cut Pro で編集してみたところ、プレビュー画面がカクカクしてスムーズに編集ができなくなりました。

Macのスペックは以下のように自分的にはかなり高スペックにしたものだったので、「えっ・・このスペックでも4Kは編集できないの・・・(-.-;)」と一瞬焦りました。

  • MacBook Pro 16インチ
  • 2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ
  • AMD Radeon Pro 5500M
  • メモリ 32GB

プロキシを使ってみる

という訳で、4Kの素材をオリジナルのまま利用して編集するのはかなり厳しいのかも?という理解になりました。

そこで、以下URLにもあるようにプロキシのみのプロジェクトを作成したいと思います。

Final Cut Proでプロキシのみのプロジェクトを作成する

このとき、Final Cut Pro のプレビュー画面の上にある「表示」から「プロキシのみ」にチェックを入れても、本投稿のタイトルの通り、以下のように「プロキシが見つかりません」と表示されてしまいます。

プロキシのみのプロジェクトを作成する

  1. 素材動画を選択し、「ファイル」→「メディアをトランスコード」をクリック

2. 「最適化されたメディアの作成」にチェックを入れ、「OK」をクリック

3. 「表示」→「プロキシのみ」にチェックを入れる

以上のようにプロキシを作成することで、4Kの素材動画でもカクカクすることなく、スムーズに編集ができるようになると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました