[木工用みつろうクリーム]でテーブルを磨いてみた!

2年ほど前に、奥様がお気に入りのリビングテーブルを購入しました。でも、毎日使っていると、油ジミや日焼けで、表面が乾燥した感じになってしまいました。そこで、メンテナンス用クリームを購入してみました。





木工用みつろうクリーム

革製品などには革製品用クリームなどでメンテナンスをしていますが、木製の家具などもメンテナンスが必要なんですね。知りませんでした。

今回購入したみつろうクリームは、天然素材で作られている、Amazonでの評価もいいなどが決め手でした。全然分からなかったので^^;

ところで…蜜蝋って?

ミツロウ(蜜蝋、Beeswax)はミツバチ(働きバチ)の巣を構成する蝋を精製したものをいう。

みつろうクリームでメンテナンス

▲蜜蝋、なたね油、亜麻仁油、椿油、ヒバ油の天然素材が原料なので子供にも安心です

▲シンプルな缶の入れ物

▲中身はかなり黄色いです

▲こちらがクリームを塗る前。所々にシミが…さあ!塗ってみます!

▲半分だけみつろうクリームを塗ってみました。かなり色が変わりますね

▲全体を塗って、30分後ぐらいに乾いた布で乾拭きしました

みつろうクリームを塗って1日経過しても塗った後の潤いが続いています。乾燥していたテーブルが生まれ変わったみたいで、油ジミも目立たなくなりました。今後も定期的にメンテナンスをしていきたいと思います。こういう作業がとっても好きなので!

蜜蝋(ミツロウ)ワックスなら尾山製材の「みつろうクリーム」
自然ないい香りのクリームです

▼みつろうクリームを製造されている方のブログです。職人という響きに弱い僕なので、こんな風に手作りされているのを見るとメンテナンスも楽しくなります!

蜜蝋日記 – Yahoo!ブログ

こんな感じで頑張って製造されているようです(^。^)

いつくるか解らない木工用みつろうクリームブームに備えて今週中には三百個作る予定です。

値段の高い、安いではなく、いいものをメンテナンスしながら長く使っていく。そんな生活に憧れます。

Posted from するぷろ for iPhone

コメント

タイトルとURLをコピーしました