*

スコッチグレインの革靴メンテナンスにオススメのグッズとメンテナンス方法

公開日: : 最終更新日:2016/11/17 スコッチグレイン

仕事用の革靴は全てスコッチグレインを愛用しています。大事な靴なので、お手入れもしっかりやりたいですよね!

いたって普通ですが(^^;; 僕が普段やっているスコッチグレインのメンテナンス方法をご紹介します!

スポンサードリンク

メンテナンスの流れ

1. ブラシ(馬毛)でホコリや汚れを取り除く。

2. 乳化性クリームをペネトレィトブラシを使って塗る。

3. 靴全体にクリームを塗った後にブラシ(豚毛)で余分なクリームが残らないように磨く。

4. 仕上げとして、ストッキングで磨き上げる。

以上が僕のメンテナンスの流れです。それでは使っているメンテナンス用品など紹介していきます!

ちなみに今回はスコッチグレインの「シャインオアレイン」をお手入れしていきます。

1. ブラシ(馬毛)でホコリや汚れを取り除く

ここでは、毛質がやわらい馬毛のブラシを使い、ホコリや汚れを取り除きます。

この馬毛ブラシは毎日帰宅した時にサッとブラッシングしてホコリを落とすのにも使います。

2. 乳化性クリームをペネトレィトブラシを使って塗る。

ホコリを落としたら、乳化性クリームを靴全体に塗っていきます。

僕は靴の色に合わせて2色のクリームを使っているので、ペネトレィトブラシも2個使い分けています。

乳化性クリームは、「BootBlack COLOR SHOE CREAM」を使っています。

クリームの色ごとにペネトレィトブラシを使い分けて塗っていきます。布でもクリームを塗ることは出来ますが、コバの部分や、革のシボ(シワ)など布では届かない部分までクリームを塗る事ができて、手も汚れません!また、布で塗る場合、布にクリームが吸収されてしまうため、ブラシの方が経済的など、メリットがたくさんあります!

靴全体に塗ったところ。まだ輝きはありませんね。さあ!磨いていきます!

3. 靴全体にクリームを塗った後にブラシ(豚毛)で余分なクリームが残らないように磨く。

今度は豚毛ブラシを使って磨いていきます。

僕はクリームを2色使い分けているので、豚毛ブラシも色ごとに向きを変えて使っています。

豚毛ブラッシングでも輝きが出てきましたね。

4. 仕上げとして、ストッキングで磨き上げる。

男性の方は奥さん、彼女。。いない方はお母さんにもらって下さい(^^;; 僕も以前は母のストッキングでしたよ( ꒪⌓꒪)

ストッキングを丸めて磨きやすい形にして、磨き上げます。

ストッキングで磨くことでいい輝きが出てきましたね!

こちらは「オデッサ」をストッキング磨きしてみました。シャインオアレインよりも輝きますね。

今までの工程を経て完成〜!

以上、簡単な手順なので、是非!お手入れを楽しんで大事な靴を長〜く履けるようにしてくださいね!

関連記事

本物の革靴ってやつを「スコッチグレイン」で知りました

少し前になりますが、銀座スコッチグレインでストレートチップの革靴を購入しました。

記事を読む

革底の靴を急な雨から守る!使い捨て靴カバー

急な雨でも革底の靴を守る靴カバーを試してみました!スコッチグレイン 本物の革靴スコッチ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

珪藻土キッチンマット『ドライングプレート』で衛生的でスマートな水切りができておすすめ!

珪藻土のバスマットはもう使われてる方も多いですよね? 我が家も珪

KEYUCA(ケユカ)のシンク内でも使えるスッキリシンプルな水切りカゴを購入してみた!

お引越しして、色々買い換えしてます。シンクも広くなったので、シンク

【MOMO natural | モモ ナチュラル】我が家のモモナチュラル リビングローテーブル編

お引越しをしてソファーを買ったのをきっかけにリビングテーブルも新調

マンション暮らしにおすすめ!KEYUCA(ケユカ)のシンプルだけど多機能なゴミ箱 を購入してみた!

お引越ししたマンションのキッチン棚下スペースにちょうど収まるゴ

【MOMO natural | モモ ナチュラル】我が家のモモナチュラル ダイニングテーブル編 

お引っ越しを終え、段ボールの山も無くなり、ようやく落ち着いてき

→もっと見る

PAGE TOP ↑